>  > 88のFカップのデリヘル嬢

88のFカップのデリヘル嬢

ものすごく寒い夜に、デリヘル嬢のUちゃんを呼びました。88のFカップの美巨乳と、あどけなくちょっと幼い顔のギャップがたまりません。私の部屋はちょっと、隙間風が入るのと、暖房器具のパワーが足りないので部屋が寒いです。Uちゃんは、しばらく考えて、だったら、お風呂の中でいっぱい楽しんで、最後はお布団をかけて、中でしようと言ってくれました。小さな浴槽に一緒にはいり、おっぱいをさわったりキスをしたりして、体をあっためます。もちろんパイズリもしてくれました。そして体をタオルで拭いたら、急げ、って言って、お布団に入り、掛布団をかけました。布団の中で、ふたり抱き合うと、部屋の寒さなんて関係ありません。そして、いつしか正常位の素股です。掛布団がはだけないように、体を密着させての素股は恋人気分です。Uちゃんの88のバストが当たって、それも気持ちいいです。これはけがの功名だななんて、思いながら、Uちゃんのお腹の上に発射しました。

[ 2015-06-30 ]

カテゴリ: デリヘル体験談